事故の後遺症

病気や怪我などの症状が治癒したあとでも、機能障害になる部分がでてきたり、傷痕が残ってしまうことがありますが、これを後遺症といいます。
脳梗塞になり、一命をとりとめたものの、手足のマヒが残ってしまったとか、事故で頸椎損傷になり、治癒したものの、めまいなどが続き、低髄液圧症候群になってしまったなど様々なものがあります。


後遺症は、状況によりリハビリを長い間うけたりします。
長い間にわたり治療をするため、心のケアや経済的な問題になることもあります。


後遺症のうち、中でも交通事故に関する後遺症はよくあります。
からだに異常はなくても、交通事故を受けたとう恐怖がトラウマになり、精神的にダメージをうけるということはよくあります。
交通事故の後遺症は、身体や心に深い傷をおおうことになります。
今回は、交通事故の後遺症についてみていきます。


現代社会において、車は必須であり、運転をする人もたくさんいます。
しかし、運転をする人がたくさんいれば、自動車事故も増加しているのも現状です。
自動車事故は、後遺症がひどく残ります。
その後遺症の代表とされるのが「むち打ち」です。


むち打ちの症状には、個人差があり、それは事故の規模や状態、体質によって変わってきます。
事故にあった瞬間はなんともなくても、数日してから急に痛みだす可能性があるのもむち打ちです。
このむち打ちは、本当に軽度なものであれば数か月程度の治療期間で治りますが、そうではない場合慢性化してしまい、一生悩まされることもあるでしょう。

Copyright © 2014 むち打ち後遺症について All Rights Reserved.